磐越東線・大越の専用線(跡地)は今 (最終回)

20200323.jpg
 大越駅に戻ってきた。 
ホームから構内を眺めてみる。何かないかと。
 東側の工場との間にわずかにレールが覗いている。
セメント工場専用線との間でホキをやりとりした線路だろうか?
 かつて、多かった乗客や貨物の扱いでローカル駅もにぎわったのだ。
今はどこへ行ってもわびしさだけが漂う。
当時の面影で鉄道事業がやっていける訳はない。
収入の落ち込みを無人化などコスト削減でまかなっているのだと思うけど、要は縮小均衡だ。
地方はどこへ行っても厳しい。
締めくくりにそんなことを思わせた見学だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント